浄土真宗本願寺派 空知南組「くうなん」の寺院

砂川市 西願寺

本堂 ホールさいがんじ

西願寺 サイガンジ
西川 秀人
073-0131 砂川市東1条南5丁目1−2
0125-52-2572 0125-54-2686
人生の全ては「楽」に帰する
報恩講 10月24日から25日まで
常例法座 毎月16日・毎月24日(10月と3月は休座) 午後1時から3時まで
年間法要予定 元朝会  1月1日 午前11時から
御正忌報恩講  1月16日
ひがん法座 春のお彼岸期間中 午後1時から
春の永代経  4月15日・16日 午後1時から
おぼん法座  8月16日 午後1時から
ひがん法座 秋のお彼岸 中日 午後1時から
除夜会 12月31日 午後11時30分から
年間行事予定 1,ゴルフ大会 年2〜3回 2,パークゴルフ大会 年2〜3回
寺院活動 1,仏教婦人会
お寺の特色
住職の言葉

○この寺は明治26年(1893年)に創立されました。
北海道にはほとんど例のない親鸞聖人の「真向きの御影」が安置されていますことから、「親鸞さまのお寺」と呼ばれています。

○境内案内

「本堂」大正11年建立。関口棟梁が初期の作品。軸部のほとんどが三井木工場よりもらいうけた沈木。石狩川を筏に組んで流送されたものという。向拝と結界上の虹梁は、もと宮城の沢の「御神木(御神体)」。彫刻は初代南部白雲師の力作。

「御殿」 明治32年、明如上人御名代として下向の淳浄院殿(大谷光明師)を迎えるため建てられたもの。優雅な数寄屋風建築。

「日露戦役碑」 明治41年、日露戦役没者を悼み、砂川在住の有志者により建立。

「ホールさいがんじ」 平成9年、鉄骨構造2階建の建築。正面に突き出た大きな車回しが特徴。椅子席250人の多目的ホールを備えている。地域の人々にも親しまれている。

住職 本堂内陣

交通 JR函館本線「砂川駅」下車 徒歩10分